症例紹介

ダイレクトボンディング(虫歯の治療)

ダイレクトボンディング(虫歯の治療)

詰めてあった材料がしっかり接着したなかったり、歯に大きく乗っかってしまっていた場合に出てくる変色を治した症例。

審美治療(ラミネートべニア)

審美治療(ラミネートべニア)

生まれつきある歯の縞模様を、歯をほとんど削らないラミネートベニアで改善させた症例

審美治療(ラミネートべニア)

審美治療(ラミネートべニア)

ラミネートベニアで審美的に修復した症例

審美治療(オールセラミックスクラウンとラミネートべニア)

審美治療(オールセラミックスクラウンとラミネートべニア)

オールセラミッククラウンと、ラミネートベニアで前歯部審美治療を行なった症例

プレパレーション

高い拡大率で行われたプレパレーション(被せ物を作成するために歯を削ること)。
削った所と削っていない所の境目(マージンライン)が明瞭なので、テクニシャンも高い精度の被せ物の制作が可能になる。

セラミックの型取り

セラミックの型取り

ダブルコードテクニックを応用し、最も寸法変化の少ないシリコン印象材を複数使用して超精密な型取りを行う。

ダブルコードテクニックを用いることで、被せ物の境目となるマージンラインが明瞭になる。
これにより、テクニシャン(歯科技工士)の精密な製作が可能になり、完璧な適合でセットできるため、虫歯にもなりにくく壊れにくい、高い長期安定性が得られる。

仮歯(プロビジョナルレストレーション)

仮歯(プロビジョナルレストレーション)

被せ物を外したり、歯を削った際に、ピッタリと適合させ歯肉と調和した仮歯を入れることで、歯肉の炎症を止め安定させる。

歯肉の炎症をコントロールするだけでなく、最終的な被せ物を審美的にセットできるように、仮歯で歯肉の形態を整える

正しい形態の総義歯

正しい形態の総義歯

小さすぎて安定が悪く、痛みが強かった総義歯と、新たに作成した解剖学的に調和した、正しい形態の総義歯

義歯の型取り

義歯の型取り

患者さん専用のトレーを作成し(個人トレー)、コンパウンドという材料を扱って筋形成テクニックを用い、
患者さんの骨や粘膜の形態に調和させる型取りを行なっています。

義歯

義歯

磁石を用いて総義歯(総入れ歯)を作成した症例