症例紹介

銀歯を1日で審美的に

銀歯2本をダイレクトボンディングで審美的に修復。
拡大視野で処置するため、銀歯や虫歯の取り残し無く、また必要最小限の切削で、非常に低侵襲で治療を行ないました。
海外在住の患者さんでしたが1回の通院で終了できました。

審美歯科(セラミック修復)

オールセラックにより審美治療を行なった。

審美歯科治療(オールセラミック)

顔をぶつけて前歯を折ってしまった症例。
矯正治療と歯周外科を応用し、抜歯を回避した。
仮歯で歯肉の形態を整えて、セラミックにて修復した。

義歯(入れ歯)による機能、審美治療

総義歯(総入れ歯)と局部義歯(部分入れ歯)にて咬合回復した症例。
義歯が最大限安定する設計で下の歯の被せ物も新製し、機能性と審美性を獲得した。

審美歯科治療(ラミネートベニア)

前歯の審美回復を希望され、1本は被せ物を作り変え、もう1本は歯をほとんど削らずラミネートベニアで修復しました。

ホワイトニング(インターナルブリーチ)

神経が無くなり茶色く変色してきた前歯に対し、歯の内側からホワイトニングを行なった。

ダイレクトボンディング(虫歯の治療)

ダイレクトボンディング(虫歯の治療)

より高いリアリティを求める患者さんに対しては、歯の溝に色を入れることもある。

ダイレクトボンディング(虫歯の治療)

ダイレクトボンディング(虫歯の治療)

普通であれば型取りをして銀歯の詰め物になるケースであるが、高拡大率で虫歯を全て取り除き、その日のうちに歯と同じ色の材料で修復した。
この時、隣の歯とのコンタクトが弱くなると物が詰まりやすくなり、虫歯や歯周病の原因になるため、適切なコンタクトを付与するための高度なテクニックが必要になる。

ダイレクトボンディング(虫歯の治療)

写真は、虫歯の取り残しが原因と考えられる、詰め物の下で広がっていた虫歯をラバーダム防湿下で感染しないように完全に取り除き、コンポジットレジンを用いて修復した症例。

ダイレクトボンディング(虫歯の治療)

ダイレクトボンディング(虫歯の治療)

虫歯を全て取り除き、歯科医師が口腔内で彫刻のように歯の形を作っていく。