歯周病は一度なってしまいますと歯周囲組織は完全には元に戻らないことをご存知でしょうか?そもそも歯周病とは4段階に分けられると考えられております。

1.歯肉炎(初期段階)
歯ぐきに炎症が起きている状態です。ブラッシング(歯磨き)の際に出血しやすくなる特徴があります。歯と歯ぐきの境目の溝の深さは約3ミリ程度になります。

2.歯周囲炎(軽度段階)
歯周病が進み、顎の骨が溶け始めた状態です。歯ぐきが赤く腫れ上がり、ブラッシングの際に出血がみられるだけでなく、冷たい水がしみて痛みが出たり口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは約4ミリ程度になります。

3.歯周囲炎(中度段階)
中度になりますと顎の骨が半分くらい溶けた状態になります。指で歯を押すだけでもぐらついてしまう状態です。軽度と同様に腫れや出血だけでなく、口臭が強くなります。歯周ポケットの深さは約6ミリ程度になります。

4.歯周囲炎(重度段階)
重度となりますと顎の骨が3分の2以上溶けてしまっております。歯のぐらつきがひどくなり、歯ぐきが垂れ下がり歯の根本(歯根)が露出することで歯が通常よりも長く見えます。歯と歯ぐきの境目から膿が出ることでより口臭がきつくなります。この状態をそのまま放置しますと歯が完全に抜け落ちます。歯周ポケットの深さはは約8ミリ程度になります。

上記のように歯周病には大きく分けて4段階あります。前途させて頂きましたが歯周病になると歯周囲組織は完全に元に戻ることがないため、できるだけ歯周病にならないようにするために定期的に歯のケアを行うことが大切です。

万が一歯周病が進行してしまったとしてもスケーリング(歯に付着したプラーク・歯石を取り除く処置)や重度の場合はフラップ手術などの外科手術を行うこともできますので歯ぐきからの出血が気になる方や口臭が気になる方は歯周病の可能性がありますので八千代市の信愛歯科医院にお気軽にご相談下さいませ。