八千代市の信愛歯科医院でも小児歯科治療を積極的に行わせて頂いております。そもそも小児歯科とは、成長発育期にある子供の虫歯の予防や治療を行う診療科になります。年齢の定めはありませんが、基本的には0歳~5歳児くらいまでを対象にしている傾向であります。小児歯科で大切なことはただ歯科治療を行うだけでなく子どもたちの「歯磨き指導」「定期検査」なども行います。歯のプロフェッショナルだからこそできる専門的なアドバイスがあります。お子さまの成長発育に合わせた虫歯予防や歯周病(歯ぐきの炎症)予防、歯並びや噛み合わせの治療通して、少しでも多くの子どもたちに健康な口腔環境(お口の環境)を育成することが当院の使命です。

【子どもの虫歯の原因とは?】

1.歯磨きが上手くできない。
正しい磨き方を教えてもらっていない。やはり一番の原因は歯磨きが上手くできないことにあります。歯垢を落とすには正しい歯の磨き方を覚えなければなりません。もちろんご家族の方が指導をするのが望ましいかと思いますので、当院ではご家族の方にも徹底してブラッシングの指導を行わせて頂きます。

2.乳歯のエナメル質や象牙質が薄い
専門的な話になりますが乳歯は永久歯と比べて「エナメル質や象牙質が半分程の厚み」しかありませんので、虫歯による侵食が大人よりも早く、虫歯も進行しやすいのです。

3.食べカスが溜まりやすい。残りやすい。
乳歯は永久歯と比べて溝が深く食べカスが溜まりやすいため、それにともなって磨き残しが多くでてしまいます。よって子供の口腔内は虫歯菌が繁殖しやすい環境です。

上記のように子どもは大人よりも虫歯になりやすい口腔環境のため、大人よりも時間をかけて健康な口腔環境を育成することが大切です。そのためにはご家族の方のサポートが必要不可欠です。お子さまには「明るい未来のお口」が待っているので少しでも大切なお子さまに気になる症状がありましたら当院にご相談下さい。