八千代市周辺にお住まいの方でインプラント治療を検討されている方にお伝えしたいことがあります。インプラント治療で大切なことは手術のあとで生活の幅をどれだけ広げることができるかどうかだと私は考えております。

そもそも歯は「歯冠(表に表れている部分)」「歯茎部(歯ぐき部分)」「歯根(骨に埋まっている部分)」でできております。インプラントは歯根まで失ったときに「入れ歯」や「ブリッジ」などを採用するのではなく「見た目の美しさ」「固いものが食べられるようになる」目的を実現するために採用され始めている治療法です。

つまりインプラントはご自身の歯と同じように自然に噛める「第2の歯=人工歯根治療」と考えられております。インプラントは「審美性」「耐久性」「噛む力」など全てにおいて入れ歯やブリッジを上回るだけでなく、長年研究が重ねられ精度の高い治療法として日本だけでなく、国際的に浸透しております。

インプラントには一点デメリットがあります。それは、保険が適用されないため治療費が自費になってしまうことです。完全な滅菌環境にて外科手術を行い、下記の図にあるアバットメント、インプラント体(フィクスチャー)も一人ひとりオーダーメイドで制作を行いますのでそれなりの費用を頂く治療になります。治療後は自分の歯と同じ感覚を得ることができるケースが多いため、当院でも評判の高いメニューとなっております。

ご不安なことも多いかと思いますのでまずはお気軽に当院にご相談下さい。